ピアノ 処分

不要なピアノは売りましょう

 

お子様の成長や引越などでピアノが不要になったとき、意外と処分に困るものです。
さらに、今まで大切にしてきたピアノ、 思い出の詰まったピアノですから、処分でイヤな思いはしたくないですよね。

 

気持ちよく引き取ってくれる人がいるなら、使ってもらうのも方法の一つ。
ご近所さんや知り合いに声をかけてみると、「欲しい」という場合も少なくありません。
運搬手間と費用の問題は、お互いで話し合う必要がありますが、その後も大事に使ってもらえると思います。

 

また、自宅近くに幼稚園や保育園があるなら、ダメもとで「ピアノいりませんか?」と聞いてみるのもありです。

 

通常は、どこの園もピアノを所有しているでしょうが、今あるものが古くなった、あるいはもう1台欲しいなどの理由で、「ぜひ!」ということもあります。

 

あと少し大げさに感じるかもしれませんが、住んでいるもしくはその近隣の市町村の市役所に電話して、教育委員会を通してピアノを欲しがっている小中学校を探してもらうという手もあります。
もし欲しがっている学校があれば、寄付という名目で引き取ってもらうことができます。
いまどきは、どこの市町村も財政が厳しいので、意外と欲しがる学校は多く、とくに大きな市町村であれば、学校数も多いのでみつかりやすいようです。

 

いずれの場合も運搬の問題は残りますが、タダで処分できることは間違いありませんので、一応聞くだけでも聞いてみてはいかがですか?

 

でも、
どうしても引き取り先がみつからない・・・
幼稚園や学校に声をかけるのははばかれる・・・
高望みはしないけれどタダではちょっと・・・
というなら、専門業者に買い取ってもらうという手があります。

 

個体の状態によって、買い取ってもらえないケースや多少の価格差が生じる可能性はありますが、メーカー、品番、製造番号、ペダルの本数がわかれば査定してもらえるので、おおよその買取相場はわかります。
とくにヤマハやカワイなど有名メーカーのもの、それから 新しいものは高く査定してもらえる可能性が高いので一考してください。

 

ただピアノは、買取業者各社の査定基準や販売ルートなどによって査定結果が変わる場合がありますし、またピアノ搬出・搬入の際の費用は各社とも異なってきますのでどうせなら複数の会社に査定してもらうことが望ましいです。

 

とはいっても、自分で複数の会社に連絡をとって査定依頼するのは、手間と時間がかかって大変ですよね。
なので、インターネットから利用できるピアノ一括査定サイトを使うのが得策です。

 

サイトに加盟している会社はすべて、運営者が厳選した安心業者ですし、何より簡単な入力1回だけで複数のピアノ買取店に査定依頼でき、居住地域や条件に合った買取業者を選別して、最大5社の査定金額の提示を無料で受けられるので簡単・安心です。
もちろん、査定を受けたからといって、金額や条件に納得がいかなければ売らなくてもOK!

 

ただ、とくに集合住宅の高層階の場合には、搬出のことを考えると、最初からプロに頼んだ方が賢明かもしれません。

 

ピアノ買取査定<無料一括>最高値の買取業者を探そう♪には、サイト利用のメリットや注意点が紹介されていますので、参考にしてください。